レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。



レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報ブログ:24 9 2022

ダイエットしてるのに、
お腹がいっぱいになるまで食べないと落ち着かない、
どうしても食べ過ぎてしまう・・・

ダイエット中は、
食べたい気持ちを抑えるのはストレスがたまるし、
辛いですよね。

でも
慢性的に食べすぎの状態が続くと
体重が増えたり、からだにも負担がかかってしまいます。

ストレスにならない程度に、
あしたからでもできる
少しの工夫をしてみましょう。

食事を食べる時は、
野菜や海藻類、スープなど
低カロリーでかさの多い料理を先に食べるようにして、
まず、空腹感を満たしましょう。

食事の食べ始めは、
お腹がすいていますから
噛む回数が少なく、どんどん食べてしまうので、
噛む回数を意識的に増やしてあげましょう。

そうすることで、
満腹中枢の時間差が解消され、
少ない食事量でもお腹が満足しますよ!

ライスを玄米や雑穀ごはんにすると、
噛みごたえが増すのでオススメです。

また、
お腹がすきすぎてると、
どうしても食べすぎにつながります。

そんな時はあえて間食をしましょう。
小腹が空いたら、
スナック菓子よりも果物やヨーグルトがオススメです。

帰宅時間などが遅くて、食事の時間が遅くなる場合は、
途中でおにぎりなどを食べておいて、
家では軽く済ませるなど工夫してみてください。

この中のひとつでも実践してみて、
それでも食べ過ぎてしまったら
「またあした気をつけよう」
と気を楽にすることです。

我慢しすぎてストレスをためてしまうのは、
ダイエットにとって逆効果ですよ。

長く続けて習慣にすることが
ダイエット成功の秘訣だと思います。