矯正された視力の維持は保証出来ない:レーシック情報

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。



矯正された視力の維持は保証出来ない:レーシック情報ブログ:02 10 2022

よく「ビールはダイエット中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
ビールはカロリーが高いから
ダイエットの妨げになるということです。

確かに、ビールにもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
ビールがダイエット中によくない理由があるんです。

ビールをからだの中に入れることによって、
肝臓をはじめとするからだのありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
からだのエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でもからだには、他にもいろいろな役割があります。

食べる事の中の栄養分から、
筋肉などのからだの材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがビールを飲むことによって、
からだの他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
ビールによってダイエットの進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
ダイエット中、ビールはできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むビールの量ではなく、
ビールを飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切ビールを飲まない日を設定することによって、
からだがアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、ダイエットに集中することができるのです。