レーシックの前には適性検査:レーシック情報

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



レーシックの前には適性検査:レーシック情報ブログ:14 9 2022

減量に効果的なトレーニングには、
有酸素トレーニングがあります。

有酸素トレーニングというのは、
ウォーキングやジョギングなどが代表的で、
ゆっくりと長い時間続けてトレーニングできるものが含まれます。

でも、
有酸素トレーニングを続けることは、
普段トレーニングをしていない人にとっては、きついことです。
わしも慣れるまで大変でした!

きついことをやって結果が出なければ、
馬鹿らしくなるという気持ちもわかります。

ところが…
目に見えないかもしれませんが、
実際には効果が出ていたはずなんですよね。

もし効果が出ていなかったとしたら、
ちょっとご飯制限が甘かったのかもしれませんし…

有酸素トレーニングをやっても、
なかなか効果が出なかった人は、
もとからの筋肉量が少なかったことに原因があるかもしれません。

筋肉というのは、わしたちのからだの中で
最もエネルギーを使うところです。

ですから、
ご飯制限だけの減量を行うと、
真っ先に削り落していくのが筋肉なんです。

よく食べるのを制限するだけの減量だと、
すぐにリバウンドして、
次の減量でさらにつらくなる…と言いますよね?

理由は、
エネルギーを大きく使う筋肉がすり減ってしまい、
カロリー消費の効率が悪くなってしまうからなんです。

ですから、
有酸素トレーニングもいいですが、
筋肉をつけるトレーニングも同時並行的に
行うと効果がもっと目に見える形で表れてきます。

例えば、
肩凝り体操や肩凝り体操などを取り入れてみましょう。

別に筋肉痛になるくらいまで激しく行う必要はありません。
むしろ習慣づけることの方が重要!

筋肉をつけることによって、
カロリー消費の効率が上がります。

すると、同じ有酸素トレーニングをやっても
消費されるカロリーが増えてくるんですよ。