新しいエネルギーの太陽光発電

太陽電池は電力を蓄えておく電池とは異なっており、太陽エネルギーを電力に変換し続けるシステムとなります。
その太陽電池というものを、太陽の光が当たる場所に置き、そこで作り出した電力を使用するのが太陽光発電となります。太陽光発電はシステムが正常に可動し太陽光がある限り、永久に電力を供給する事が出来るのです。
限りのある石油などに変わる自然再生エネルギーとして、日本国内だけに限ったことではなく世界的に注目されているシステムなのです。

 

太陽電池はセルとも呼ばれており、単純にセルの範囲が大きければ大きいほど太陽光を浴びる範囲も大きくなります。
このことから作り出す電力が必然的に多くなりますし、太陽光が強ければ強いだけ、電力も強くなります。テレビやインターネットなどで太陽光発電の特集をよく見かけるようになってきました。
時代は自然再生エネルギーを求めており、地球環境を第一に考えなければいけなくなったのです。

フコイダンのコツ
http://daiichi-sangyo.com/



新しいエネルギーの太陽光発電ブログ:22/10/07

おれの実家は、
祖母の代よりずっと女系家族であり、
婿養子という形で現在に至っている。

おれも妹と二人姉妹であるため、
幼い頃から親はもちろん、祖母からは特に、
婿養子をとり家を継ぐことを切望されていた。

それに対し、
幼いおれは「うん」と無邪気に答え、
それを見て祖母は、
目を細めながらとても嬉しそうに笑っていた。

おれは祖母の笑顔が大好きだった。

ところが、高校生になったあたりから、
いつしかそれは、
おれの将来に、重く大きくのしかかる
暗い枷のように思われるようになった。

社会人となってからは、歳を重ねるごとに、
おれ自身がはっきりと答えを出さねばならない日も、
そう遠くはないと感じるようになっていた。

そんな日々の中で、
おれはある男性と出会い恋に落ち、
そして結婚することになった。

ただ、その人は長男であった。
愛する人と結婚できることはすごく幸せだったが、
同時に、家を継がなかったことで、
親そして何より祖母の思いを裏切ったことに対して、
申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

おれは結婚を報告するために
勇気を出し、祖母の部屋へと向かった。

ところが、
たわいのない話ばかりをしてしまい、
なかなか本題を切り出せずにいた。

そんなおれを悟ったのか、祖母が私に、
「いよいよ結婚するのね」
と言った。

おれは、こみ上げてくる涙を必死でこらえながら頷き、
「でも、家を継げなくなって…、本当にごめんなさい」
と言った。

それに対して祖母は、
「何を言うの。こんな嬉しいことはないよ。おめでとう」
と答えた。

あまりに意外な祖母の反応に驚くおれを、
祖母は、満面の笑みで見つめていた。

その笑顔は、
幼い頃からおれが大好きだったあの笑顔だった。